「家づくり」の概念  【Concept】 
散居村

 本来、「家」を建てるということはその地域の気候風土やライフスタイルに合ったものを、お客様と私たち設計者や地元の職人さんたちがともに知恵を出し合い、共同作業で作り上げるものでした。
 弊社ではこの考えを忘れず、培った経験・知識、新しい技術も取り入れながら、お客様主体ではなく、設計者主体でもなく、共につくる「家」を実現してまいります。 そこに住む人・家が、長く健康であり続けられることが、私たちのコンセプトです。  地域を守り・受継いでいく中で、古くから残る住宅を残し、新たなる技術と、経験を活かし建築で「地域づくり」を目指します。

ZEH(ゼッチ)事業計画

【1】ZEH周知・普及具体策に向けた具体策
 ホームページへの提示、及び見学会、各種セミナー等で幅広いお客様にZEH基準の家づくりの周知、普及を行う。
【2】ZEHのコストダウンに向けた具体策
 ZEHのモデルプランの標準仕様を作成する。高性能断熱材、高断熱サッシ・ガラス、高機能設備、高効率太陽光発電等の原価見直しによりコストダウンを図る。
【3】その他の取組みなど
 断熱性能、再生可能エネルギーだけでなく間取り、住まい方による省エネルギー効果をお客様に提案していく。

ZEH普及目標と実績

 実績 2016年度 0%、2017年度 0%、2018年度0%、
 目標 2019年度40%、2020年度40%


ページのトップへ戻る
Copyright (C) Kenchiku-club Corporation. All Rights Reserved.